疾患別の解説

  • 各症状をクリックすると、それぞれの情報一覧ページに移動します。

”こころの病”漢方で応援

イライラ感、ゆううつ感、不安感
現代社会はストレス社会、私たちの周りには色々なストレスや心配事が存在し、その影響が過度になると精神的な症状から肉体的な症状まで様々な症状が現れます。

イライラ感、ゆううつ感、不安感、ひどい肩こり、疲労倦怠感など取りとめのないものから、頭痛、めまい、胸痛、動悸、電車に乗るのが恐い、便秘や下痢、食欲減退、不眠などの具体的な身体症状など、どうしてよいか不安になることがままあります。

頭痛、めまい、胸痛、動悸、電車に乗るのが恐い、便秘や下痢、食欲減退、 不眠などの具体的な身体症状など、

病院に行くと安定剤や催眠剤、鎮静剤などが投薬されて、多少なりとも一時的には不快な症状は緩和されますが、本質的な改善にはなかなか至らず、かえって薬の副作用で悩まされることも多いようです。

こういうときには漢方薬が有効です。

人にはそれぞれ体質があり、体力旺盛な人と不足気味の人、ストレスに強い人と弱い人、”こころ(神経や精神)”の栄養に余裕がある人とない人、など様々です。

漢方医学では、”からだ”に栄養が必要なのと同様に、”こころ”にも栄養が必要であるという理論があり、”こころ”の栄養不足が”こころの病”の大きな原因と考えています。

漢方百草園薬局では、その人の体質に合わせて、漢方薬や健康食品などの補助療法をおすすめしています。

胃腸の調子を整えて”こころ(神経や精神)”の栄養を補って充実させたり、緊張をほぐして自律神経機能の廻りを良くしてあげたり、やさしく無理の無い形で”こころ(神経や精神)”を安定させます。

つまり、安心して服用することができますし、より根本的な改善につながります。

”こころ(神経や精神)”と”からだ”の症状とその特徴、その他の病歴や体質、などから必ず適切な対処法がありますので、どうぞお気軽にご相談下さい。

それでは、比較的よくみられるメンタル疾患(”こころの病”)と漢方薬や健康食品などの補助療法を解説していきます。

疾患別の解説

  • 各症状をクリックすると、それぞれの情報一覧ページに移動します。