鹿茸大補湯(ろくじょうだいほとう)

鹿茸大補湯(ろくじょうだいほとう)

鹿茸大補湯は、漢方百草園薬局が推奨する医薬品のひとつです。

鹿茸大補湯は、「温腎補陽(おんじんほよう)」「健脾益気(けんぴえっき)」「補腎益精(ほじんえきせい)」という3つの働きで、五臓六腑の生理機能を促進し、慢性病や加齢による気力・活力の低下や疲労倦怠、食欲不振、衰弱などがあり、栄養状態の低下を生じた症状に用いられる漢方薬です。

腎の働きを補う「鹿茸」と「熟地黄」を主剤とし、全身冷え性と寒がりの方にも最適です。

鹿茸(ろくじょう)とは

鹿茸とは「鹿の伸び始めた幼角」のことで、3日で1cmも伸びるほど成長が早く、また茸のような柔軟性があることから、「鹿茸」と名付けられました。

漢方の古典といわれる「神農本草経(しんのうほんぞうきょう)」では、「悪血、寒熱驚癇を主治し、気を益し、志を強くし、歯を生じ」とあり、力強く伸び始めた幼角を採取した「鹿茸」は、体力増進・強壮に非常に優れた漢方薬として「人参」とともに用いられていたようです。

鹿茸大補湯の3つの働き

漢方の考えでは、「鹿茸大補湯」には「温腎補陽(おんじんほよう)」「健脾益気(けんぴえっき)」「補腎益精(ほじんえきせい)」という3つの働きがあるとされます。

温腎補陽
「温腎補陽」とは、エネルギーや熱のもととなる「陽[よう]」を補い、「腎[じん]」を温める、という意味です。ここでいう腎とは、人の生長や生殖にかかわる機能を指しており、「寒がる」「手足が冷え、足腰がだるい」「元気がない」などに効果があるとされます。女性に多い冷え症に対応するのは、このはたらきです。
健脾益気
「健脾益気」とは、胃腸などの消化器系(脾)を健康にして、元気のもととなる「気」を益[ま]す、という意味です。きちんと食事をとることは古来より重視されており、この健脾益気の作用が「胃がもたれ、食欲がない」「疲れやすく、気力がわかない」「胃腸の調子が悪い」などにはたらきかけます。
補腎益精
「補腎益精」とは、人の生長に関係している「腎」を補って、精気を益す、という意味です。このはたらきが滋養強壮に導いて、「腰やひざがだるい」「めまい、耳鳴りがする」「精気がない」などに効果を発揮するというわけです。

鹿茸大補湯の詳細情報

ロクジョウ

鹿茸(ろくじょう)

鹿茸大補湯(ろくじょうだいほとう)
【効能・効果】

  • 身体が衰弱し、やせて皮膚が枯燥して貧血食欲不振を呈するもの。補血・健胃強壮・食欲増進・疲労回復・神経痛・関節炎・肩こり・冷症

【分類】第2類医薬品
【容量】300錠 180錠 (1錠0.3g)
【用量・用法】

  • 次の量を1日3回食前又は食間に服用。
年 齢 1回の服用量
成人
(15歳以上)
6錠
15才未満 服用しないこと

成分・分量

成人1日の服用量18錠(1錠0.3g)中、次の成分を含んでいます。

  • 下記生薬より抽出したアルコールエキス・・・0.432g
    〔ロクジョウ0.576g、ニンジン0.72g〕
  • 下記生薬より抽出した水製エキス・・・2.592g
    〔ニクジュヨウ・ジュクジオウ・トチュウ・シャクヤク・ビャクジュツ・トウキ各0.576g、セッコク・ゴミシ・ハンゲ・オウギ・ブクリョウ・タイソウ・カンゾウ各0.432g、ショウキョウ0.288g〕
  • ブシ末・・・0.576g

添加物として、乳糖、アルファー化デンプン、セルロース、メタケイ酸アルミン酸Mg、ステアリン酸Ca、トウモロコシデンプンを含有する。

<成分に関連する注意>
本剤は天然物(生薬)のエキスを用いていますので、錠剤の色が多少異なることがあります。

使用上の注意

  • 相談すること
    1. 次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
      1. 医師の治療を受けている人。
      2. 妊婦又は妊娠していると思われる人。
      3. のぽせが強く赤ら顔で体力の充実している人。
      4. 今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。
    2. 服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
      関係部位 症状
      皮膚 発疹・発赤、かゆみ
      その他 動悸、のぼせ、ほてり、唇・舌のしびれ
    3. 1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

保管及び取扱い上の注意

  1. 直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい
    所に保管してください。
  2. 小児の手の届かない所に保管してください。
  3. 他の容器に入れ替えないでください。
    (誤用の原因になったり品質が変わります。)
  4. ビンの中の詰物は、輸送中に錠剤が破損するのを防ぐためのものです。開封後は不要となりますので捨ててください。
  5. 使用期限のすぎた商品は服用しないでください。
  6. 水分が錠剤につきますと、変色または色むらを生じることがあ
    りますので、誤って水滴を落としたり、ぬれた手で触れないでください。