認知症に関する情報 | 漢方百草園薬局

認知症に関する情報

認知症とは、様々な原因で脳の細胞が広い範囲で侵されたり、働きが悪くなったりすることで、記憶・判断力など様々な障害が起こり、日常生活で支障が出ている状態のことを指します。

認知症の原因となる原因疾患は「アルツハイマー病」「血管性認知症」「レビー小体型認知症」の3種類がその約80%が占めているとされています。

そして、認知症は原因疾患によって症状や進行の仕方が違い、治療方法も違ってくるため、原因疾患による特徴をよく把握して適切に対処することが必要です。

みんなで考えましょう!!

また、認知症の進行をできる限り遅くし、良好な状態を長く保つためには、早期診断による早い時期からの治療薬の使用が大切になりす。

高齢化が進む現在では、認知症の患者数は増加の一途をたどっていますので、ご両親やご家族、また自分自身の問題として、認知症について正しく理解しておきましょう。

加味温胆湯逍遥散柴胡加龍骨牡蠣湯加味歸脾湯抑肝散加陳皮半夏

認知症とは

認知症
認知症とは

認知症とは、様々な原因で脳の細胞が広い範囲で侵されたり、働きが悪くなったりすることで、記憶・判断力など様々な障害が起こり、日常生活で支障が出ている状態のことを指します。ここでは、認知症の概略と症状について解説いたします。

認知症の種類

認知症
認知症の種類

認知症の種類には、 脳の異常な萎縮が引き起こすアルツハイマー型認知症、 脳の血管障害によって起こる脳血管性認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症などがあります。ここでは、それぞれの認知症について解説いたします。

認知症の兆候と対処法

認知症
認知症の兆候と対処法

認知症と向き合う上で大切なことは、必要以上に不安を持たず少しずつ受け入れていくことです。また、認知症の兆候がみられたら早めに専門医を受診し、適切なアドバイスと治療によって、症状の進行を遅らせたり、症状が進行しても穏やかに暮らすことができるよう、ご家族も一緒になって考え、共に立ち向かうことができます。

認知症予防 漢方で体質改善

認知症
認知症予防 漢方で体質改善

認知症の原因の多くは、「アルツハイマー病」による脳の萎縮(脳神経細胞減少)と、「脳血管障害」による脳への血流量低下と言われています。これを漢方的に考えると、前者は「精血の不足」に起因するものであり、後者は「瘀血」によって発生したと考えられます。ここでは、漢方による認知症予防について解説いたします。

ページの先頭へ