うつ病(DD)に関する情報 | 漢方百草園薬局

うつ病(DD)に関する情報

様々なストレスにさらされる現代社会において、心の病―うつ病に罹る人の数が増大しています。

しかし、心の不調に伴う苦痛は、なかなか病気とは認識されず、本人も周囲の人々も「単なる疲れ」や「気持ちの問題」などと片付けてしまいがちで、病気が悪化してから気づくことも少なくありません。

うつ病のサインを見誤らず、いち早く対応するためには、どうすればよいのでしょうか。

そんな「うつ病(DD)」について漢方百草園薬局病気が詳しく解説します。


うつ病(DD)

うつ病(DD)
うつ病(DD)

様々なストレスにさらされる現代社会において、なかなか病気とは認識されず、本人も周囲の人々も「単なる疲れ」や「気持ちの問題」などと片付けてしまいがちな「うつ病(DD)」。そんな「うつ病(DD)」について漢方百草園薬局病気が詳しく解説します。

うつ病(DD)の症状

うつ病(DD)
うつ病(DD)の症状

ひと口に「うつ病」といっても、人によって様々な症状が現われます。 しかもそれは、心のみならず、身体の不調というかたちで表出することも多いのです。そんなうつ病の症状について解説します。

うつ病(DD)の治療方法

うつ病(DD)
うつ病(DD)の治療方法

うつ病(DD)の治療方法の基本は、薬物療法と充分な休息をとることにあります。そして、家族や周囲の人のサポートも大切ですので、具体的な方法などを解説していきます。

女性特有のうつ病

うつ病(DD)
女性のうつ病

女性は、月経や妊娠、そして出産など特有の生理的サイクルがあり、ホルモンバランスの変化も男性とは違います。そして女性特有のホルモンバランスの変化がうつ病になる割合を10~24%と男性の約2倍に上げる原因と考えられています。この項では、女性特有のうつ病である《産後うつ病》と《更年期うつ病》について解説ます。

うつ病のタイプ別漢方療法

うつ病(DD)
ガンのタイプ別治療法

人生の中で、誰もが様々な出来事で気持ちが落ち込むことがありますが、時間とともに回復し立ち直っていくものです。しかし、「うつ病」の人はこの回復力がなく、気分が落ち込んだままの状態が続きます。 これを漢方医学では「心失所養」といいます。 そして、少し専門的になりますが、いくつかのタイプに分類されます。

現代型うつ病

うつ病(DD)
現代型うつ病

最近、 現代型うつ病と呼ばれるうつ病がクローズアップされるようになりました。 比較的若い20~30代の勤労者に多くみられ、特自分ではなく他人を責めるような自己中心的な性格が見受けられます。そんな現代型うつ病について解説します。

ページの先頭へ