関節リウマチに関する情報 | 漢方百草園薬局

関節リウマチに関する情報

関節リウマチ

高齢者の病気で痛みが一生続く病気というイメージが強い「関節リウマチ」ですが、実は30歳代~50歳代で発症することが多く、特に女性の発症は男性の約4倍といわれています。

しかし、近年になって治療法や薬が急速に進歩し、痛みなどの症状を抑えることがてきるようになってきました。

「リウマチ」とは、全身の骨や関節や筋肉などに痛みや腫れの症状がみられるがみられる「リウマチ性疾患」という病気全般を言いますが、そのほとんどが「関節リウマチ」であるため、関節リウマチを単にリウマチというのが一般的となりました。

ここでは、関節リウマチについて詳しく解説していきます。

五積散防已黄耆湯疎経活血湯人参養栄湯


関節リウマチの概要

関節リウマチ
関節リウマチの概要

関節リウマチは、身体の外部から侵入したウイルスや細菌などの異物を排除し体を守るべき「免疫」が何らかの原因で異常をきたし発症する自己免疫疾患です。ここでは関節リウマチの概要を解説いたします。

関節リウマチの初期症状

関節リウマチ
関節リウマチの初期症状

関節リウマチは、以前は比較的ゆっくりと進行するとされていましたが、 近年になって発症から2年くらいの間に骨や軟骨の破壊が最も進むということがわかってきました。早期発見・早期治療のために、関節リウマチの初期症状について解説いたします。

関節リウマチの検査と治療方法

関節リウマチ
関節リウマチの治療方法

最近になって、関節リウマチの研究はかなり進み、検査法も確実に進歩して、早期に発見することができるようになりました。また、治療法も進歩し、以前は痛みを緩和するしかなかったのですが、現在では関節の痛みや腫れ、炎症がない状態を目指せるまでになりました。そんな関節リウマチの検査法と治療法について解説いたします。

関節リウマチのタイプ別漢方療法

関節リウマチ
ガンのタイプ別治療法

漢方医学では、関節リウマチの発症には、風、寒、湿、熱邪の侵入(主に自然界の環境因子) 及び正気の虚弱(体内の虚弱因子)が関わっていると考えています。 ここでは、関節リウマチのタイプ別の漢方療法について解説いたします。

ページの先頭へ