晶三仙(しょうさんせん)

晶三仙(しょうさんせん)は、漢方百草園薬局が推奨する健康補助食品のひとつです。

「晶三仙」は山楂子、麦芽および植物性発酵物を原料としています。この3つは中国の伝統的な組み合わせで、食事の前後によく摂られています。「晶三仙」は山楂子の爽やかな酸味を楽しめます。

飽食の時代、トリプルパワーで脾胃を守る

中医学で脾胃(胃腸を含む消化器系全般)は「後天の本」といわれます。
「後天の本」とは脾胃が飲食物を消化吸収して、その栄養物質を全身へ運び、人間のすべての工ネルギー源となり、体の健康維持に最も重要な 役割を果たしていることを意味しています。

飽食の時代、トリプルパワーで脾胃を守る脾胃が強くなれば内臓が強くなり、内臓が強くなれば体全体が強くなります。

脾胃の働きが低下すると、生命力を維持するエネルギーが不足し、心身ともに疲れやすくなります。
また、食欲不振、胃のもたれ、睡眠障害、無気力、下痢、残便感、免疫力低下などさまざまな症状も現われます。

現代人は食べ過ぎで牌胃の負担が重くなり、常に疲弊状態になりがちです。
三仙(山楂子・麦芽・神麹)のトリプルパワーで、肉や脂肪、糖質などの消化分解を助けることにより、脾胃の負担を軽くさせれば、疲れにくい丈夫な体になります。

消化を助ける「三仙」とは

「山楂子」・「麦芽」・「神麹」はいずれも消化液の分泌を促進する働きがあります。

これらは消化を助ける素晴 らしいものとして仙人に例えられ、古くから「三仙」と呼ばれています。

この山楂子、麦芽、神麹を焦がしたり、妙めたりして加工 することで、食物を消化する力がさらに強化されます。

山楂子
バラ科のミサンザやサンザシの成熟果実
山楂子

山楂子は 肉類・脂っこいものの 消化を助けます。

麦芽
イネ科のオオムギを発芽させ、これを乾燥させたもの
麦芽

麦芽はうどん・パンなど小麦粉でできたものの消化を助けます。

神麹
小麦粉・フスマ・紫蘇などを混合し、発酵させたもの
神麹

神麹はご飯など 米でできたものの 消化を助けます。

山楂子のお話

豪華で賛沢な食事が大好きな西太后(1835~1908)は、西洋料理やお菓子などもよく食べる習慣がありました。

山楂子

そんな西太后が食欲不振、胃のもたれ、お腹の張りなど胃腸の調子が悪い時に、妙った山楂子が入った漢方薬を服用した処方箋が宮廷力ルテに残されています。

また、昔から中国では、牛や羊のような硬い肉を調理する際に、山楂子を数個入れて肉を早くやわらかくするという智恵があり、現代の人にも受け継がれています。

長い歴史の中で、たくさんの肉料理を食べるようになった今日の中国では、山楂子は老若男女が愛用する食品として、その日常的な使用が広がっています。

例えば、肉や脂の多い料理や、旧正月・祝日・宴会などのごちそうの後のデザートとして、甘酸っぱい山楂子の実(果肉)から作られるスープやシロップ漬け、ジュース、チップス状に加工したお菓子などを食べ、日常的に胃腸の調子を整えています。

「三仙」はこんな方にオススメ!

    ついつい食べ過ぎたり飲み過ぎる
  • ついつい食べ過ぎたり飲み過ぎる
  • 肉料理や揚げものなど脂っこい食事をよく食べる
  • 甘党の方
  • 残業や受験勉強などでタ食が遅くなりがちになる
  • 野菜をあまり食べない
  • 食後にすぐ寝てしまう
  • 外食やコンビ二食が多い
  • 野菜をあまり食べない

晶三仙の詳細情報

晶三仙(しょうさんせん)

栄養成分
[1袋(2g)中]
エネルギー 7.4kcal
タンパク質 0.02g
脂質 0g
炭水化物 1.8g
ナトリウム 1.1mg
【商品名】晶三仙

【名称】 食用植物含有加工食品

【原材料名】

  • 昌三仙エキス末(サンザシ、麦芽、フスマ、小麦粉、デキストリン、ドクダミ、紫蘇、春菊、赤小豆、甜杏仁)、トレハロース

【容量】2g×180袋

【販売価格】10,000円(税抜)

【お召し上がり方】

  • 食品として1日1~3回、1回1~2袋を目安にそのまま又はお湯に溶かしてお召し上がりください。

【注意】

  • 原材料が植物由来のため、色・香り等に多少の差が生じることがありますが、品質に問題ありません。
    白い粉が見られることがありますが、原料のトレハロースですので、安心してお召し上がり下さい。

【保存方法】

  • 直射日光、高温多湿を避けて保存してください。

【販売者】イスクラ産業株式会社