ガンの免疫療法に関する情報 | 漢方百草園薬局

ガンの免疫療法に関する情報

ガンは必ずしも致命的な病気ではありません。

ガン細胞は正常な周囲の細胞との共存を無視して増え続けると一面的に考えられた治療が続けられています。

しかし、日常的にはガン細胞に対する免疫とのバランスの下に生活しているのです。

ここでは、ガンの免疫療法について解説していきます。


ガンの定説

ガンの免疫療法
ガン(癌)とは?

現在、一般的に医療機関で行われているガンの検査や治療は、健康な人にガン細胞は見つかるはずがないという前提に基づいています。しかし、近年この前提は覆されようとしています。ここでは、改めてガンについて解説していきます。

ガン免疫とは?

ガン免疫
ガン免疫とは?

私たちの身体には、細菌やウイルスなど多くの敵を異物と判断して排除する「免疫」という機能が備わっています。そして、異物は外敵だけでなく身体の内部に発生する老化細胞やガン細胞もあります。ここでは、特に体内の異物である「ガン細胞」に対する免疫について解説していきます。

ガン免疫低下の原因

ガン免疫
ガン免疫低下の原因

ガン免疫の状態によって「おとなしいガン」でとどまるのか「悪性のガン」になってしまうのかが左右されると考えられていますが、ガン免疫の低下にはどのような原因があるのでしょうか。ここでは、ガン免疫低下の原因について解説いたします。

ガンの免疫強化療法

ガンの免疫療法
ガンの免疫強化療法

ガン免疫の低下によってガン発症のリスクが高まり、さらに低下すると悪性のガンとなるリスクも高くなります。ここでは、ガン免疫を強化することでガン細胞排除処能力を高める治療方法について解説いたします。

フコキサンチンとは?

フコキサンチン療法
フコキサンチンは褐藻類の成分

海藻類の中の褐藻類、昆布やモズクやわかめなどの成分の「フコキサンチン」という物質について解説いたします。褐藻類は、繊維質もミネラルも豊富で、様々な健康に良いという報告がなされている健康食の代表と言えるものです。

ページの先頭へ