パニック障害(PD)に関する情報 | 漢方百草園薬局

パニック障害(PD)に関する情報

パニック障害(PD)は、日本人の100人に3~4人の割合で発症するといわれていますが、一般的にはまだよく理解されていません。

その特徴としては、突然起こる激しい動悸や発汗、頻脈、ふるえ、息苦しさなどの発作的な身体の症状や強い不安感に襲われたりします。

ここでは、パニック障害とはどのような病気なのか、その正体を解説していきます。


パニック障害(PD)

パニック障害(PD)
パニック障害(PD)

パニック障害(PD)は、日本人の100人に3~4人の割合で発症するといわれていますが、一般的にはまだよく理解されていません。パニック障害とはどのような病気なのか、その正体を解説していきます。

パニック障害の症状

パニック障害(PD)
パニック障害の症状

パニック障害のパニック発作と呼ばれる症状は、通勤の電車の中や仕事中、買い物の行き帰りの道端・・・など、時間や場所など関係なく、前ぶれもなく突然に起こります。そんなパニック障害の症状について解説します。

パニック障害の治療方法

パニック障害(PD)
パニック障害の治療方法

パニック発作は、時間の経過とともに治まり、また検査しても異常がみられないため、放置されるケースが少なくありません。しかし、早期に治療を開始すれば、重症化するのをくい止められ、何より発作のつらさを1日でも早く解消することができます。思い当たる症状があったら、早めに精神科や心療内科などで、専門的な診断を受けるようにしましょう。

ページの先頭へ